原作は松谷みよ子が1969年に書いた児童文学。これを松山善三が大胆に脚色して1976年に映画化した。独立映画だったので、予算は掛けられずCGのような派手な特殊効果も使えなかった。ただ有名俳優だけは手弁当で駆けつけてくれた。

夏休みに広島へやって来た兄妹が空き家で不思議な体験をする。喋る椅子と出会ったのだ。その古い椅子はイーダという女の子を探していた。そして三才の妹ゆうこ(あだ名はイーダ)をその女の子と錯覚しているようだ。
リツ子という近所の娘が兄妹の世話を見ていた。リツ子は椅子を製造した人間の名前を見つける。また兄直樹は6の日付の日めくりを見つける。リツ子はそれが昭和20年のものだと気づく。そして直樹と8月6日に広島に精霊流しに行く。
椅子は広島の原爆投下で亡くなった女の子が使っていたものだったが、椅子自身は原爆が落ちたことを知らなかった。
翌日直樹は、不思議な椅子と会い原爆で女の子が死んだと主張する。椅子はショックで壊れてしまう。
しかしリツ子から手紙が来て、リツ子がイーダだったことがわかる。実はリツ子は原爆性白血病に長年苦しんでいた。

これが原作のあらすじなのだが、映画ではリツ子にあたる人物がいない。そのかわり兄妹の母親と祖母(ともに存命)が被爆者として描かれている。そして椅子は自ら広島市内へ行ってイーダの幽霊と対面し実際に原爆が爆発したことを知り、最後は兄妹の前に現れイーダの元へ行くと言って海に流される。

 

映画は原作を読むのが難しい子供達に伝わるように作ったものだろう。
ただし原作の謎解きやファンタジー性、余韻を残すエンディングは真似できなかった。
それに映画制作から40年以上経って、子供だけでなく親世代も原爆を知らずに育っているため、親子の会話で原爆に関する疑問を解くことができない。
したがってこの映画は長い間、人目を見なかったのだ。CGも今なら安く使えるはずだ。だから今こそリメイクして欲しい作品だ。実写でもアニメでも構わない。

 

福島原発事故も無関心が広がり、国民はアホな政府の言いなりになっている。原因は原爆犠牲者を数多く出したのに、それに対して無関心だった国民の無責任。そして電力会社の描く夢の未来を信じた科学者の無責任である。そういう問題を政治的に考える前に、子供にもわかるように映画で描くことが必要ではないか。
ジブリが描いたってよかった。しかし大資本と結びつくジブリにはできなかった。

 

監督、脚本 松山善三
脚本協力 山田洋次
原作 松谷みよ子
音楽 木下忠司
配役
相沢美智 倍賞千恵子
相沢直樹 上屋建一
相沢ゆう子 原口祐子
須川利一郎 森繁久彌
須川菊枝、ナレーター 高峰秀子
広岡研二 山口崇
イスの声 宇野重吉

ふたりのイーダ 1976 日本

投稿ナビゲーション