●2003/07/05 Sat

監督 ジャック・ベッケル (遺作)
脚本 ジャック・ベッケル、ジョゼ・ジョヴァンニ、ジャン・オーレル
製作 セルジュ・シルベルマン
音楽 フィリップ・アルチュイス

出演

マーク・ミシェル – ガスパル
ジャン・ケロディ – ロラン
ミシェル・コンスタンタン – ジェオ
フィリップ・ルロワ – マニュ
レイモンド・ムーニエ – ボスラン
カトリーヌ・スパーク – ニコール

脱獄映画の名作。
スチーブン・キングの「ショーシャンクの空」のオリジナル版という感じ。
脱獄のプロのような四人の囚人が居る部屋に五人目の囚人ガスパールがやってくる。
みんなは秘密を明かして良いかで揉めるが、ガスパールの重い罪状を聞いて打ち明けることになる。
その日から、五人の穴掘りが始まる。
部屋を抜けても地下水道への穴に手間が掛かる。
ようやく最後の穴が完成したとき、ガスパールの起訴取り消しが決定され,ガスパールにだけ知らされる・・・
無音楽映画。
最初から最後まで緊張が支配する。

 

ロラン役のジャン・ケロディは実際に脱獄事件を起こしたときの実行犯の一人。

フィルム・ノワールなんだけど、他の作品と比べて毛色が違う。

穴 Le Trou 1960 フランス製作 東和配給

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です