2003/10/12(Sun) 23:13

監督・川島雄三
制作・坂上静翁
原作・芝木好子
脚本・井手俊郎、寺田信義
撮影・高村倉太郎
助監督・今村昌平

キャスト
蔦枝 新珠三千代
お徳 轟夕起子
落合 河津清三郎
義治 三橋達也
玉子 芦川いずみ

名作の誉れ高い日活映画。
洲崎はいまの江東区東陽町。
以前は遊郭だったが、売春防止法が施行され下火になってきた頃のお話。

かつて遊女をやっていた蔦枝とひもの義治は、生活に困り洲崎に再びやって来た。
すぐ人気者になった蔦枝、一方で面白くない義治。
蔦枝は義治に告げず、男と逃げてしまう。
義治は蔦枝を懸命に探すが、ついに見つからなかった。
やがて義治は蔦枝のことも忘れ、蕎麦屋の出前に精を出す。
玉子も義治に気がある様子だ。
そんなときに、蔦枝がぶらりと洲崎に舞い戻ってくる。

川島雄三の演出は成瀬巳喜男のそれと比べれば、明るさや希望がある。
新珠三千代は当時はこういう演技をしてたんだなあ。あまり美人には思わなかった。
収穫は若い芦川いずみ。地味な役だったが、この名作にぴったり嵌っている。

洲崎パラダイス赤信号 1956 日活

投稿ナビゲーション


洲崎パラダイス赤信号 1956 日活” への0件のフィードバック

  1. 【0075/1000】不思議な味わいを持つ名作『洲崎パラダイス 赤信号』

    川島雄三監督『洲崎パラダイス 赤信号』 (1956年/日本)を見る。
    最高傑作の呼び声が高い『幕末太陽傳』の前年に作られた作品は、一見「たいしたことのない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です