週刊読売に連載された山手樹一郎原作小説を笠原良三が脚色、森一生が監督した明朗時代劇
撮影は今井ひろし
主演は市川雷蔵。共演は瑳峨三智子代目中村鴈治郎五月みどり

あらすじ

 

長谷部平馬と名乗る浪人が、津山十万石の国家老中橋茂右衛門を訪れた。平馬は、藩主小森佐渡守高久の落胤だと言う。茂右衛門は、小森家との絶縁条件として大金を渡し、それを懐にした平馬は旅に出た。
途中、お忍びで団子を食べる松平福姫と知り合う。姫は、強制的に大名とお見合させられると愚痴る。その夜、平馬のもとへ茂右衛門の嗣子である茂太郎が訪問する。亀之助の替え玉となって明日のお見合に福姫と見合いをしてくれと依頼される。小森家は、跡取りに亀之助を推す茂右衛門と、妾腹の千代五郎を推す江戸家老手塚勘解由が争ってお家騒動を起こしていたが、亀之助の食べ物に手塚派の誰かが毒を盛ったらしい。

福姫は姫路で見合の席に臨むと、相手が過日の侍と知り用人の塚越助左衛門を前に大喜びする。江戸まで二人は同行することになり、福姫から猛烈なアタックが始まる。
亀之助、福姫が江戸へ発ったと聞いて不審を抱いた江戸家老手嫁は、直ちに刺客関屋十三郎らを派遣する。海岸の松を背にして、亀之助に化けた平馬は、刺客の一部を倒す。

敵が大勢のため、福姫と二人で町人に扮して江戸に上ることにした。亀之助(実は平馬)、福姫が突然消えてしまったので、困った助左衛門はひとまず空駕籠を仕立て旅を続ける。
元腰元で亀之助と恋仲だった桔梗は、江戸家老に唆されて二人の行方を追っていた。歌声で亀之助の気を引くと、福姫が嫉妬して別室で食事を取る。そこで福姫に亀之助が誘っていると言って外に連れ出し、誘拐してしまう・・・。

雑感

この映画を観て、デジャビューを感じた。市川雷蔵の一人二役ものは、何回も見ている。またかという感じだ。瑳賀三智子との組み合わせも、大映所属でもないのに多い。
瑳賀三智子は当時、岡田真澄と婚約していたから、幸せの絶頂期だったが、二年後に別れる。

映画にケチを付けたが、歌手デビューして4年後の五月みどり(当時22歳)を見ることが出来たのは、収穫だった。TBS(当時JOKRテレビ)でテレビドラマ「赤銅鈴之助」に出演して吉永小百合と共演していたから演技は慣れていたが、のちに圧倒されるボリューム感は全く無かった。

 

スタッフ

企画  財前定生
原作  山手樹一郎
脚色  笠原良三
監督  森一生
撮影  今井ひろし
音楽  齋藤一郎

キャスト

長谷部平馬/小森亀之助  市川雷蔵
松平家福姫  瑳峨三智子
塚越助左衛門(松平家用人)  二代目中村鴈治郎
桔梗  五月みどり
宍戸丈之進  島田竜三
土井信濃守(老中)  柳永二郎
関屋十三郎  千葉敏郎
中橋茂太郎  日高晤郎
小堀孫作  千石泰三
中橋茂右衛門  荒木忍
手塚勘解由  市川謹也
楓  真城千都世
大坪兵太夫(津山藩江戸家老)  香川良介

 

ネタばれ

しかし平馬は亀之助ではないことに気付いて、桔梗は平馬と一緒に福姫が監禁されている場所に駆け付ける。
平馬は宿敵宍戸丈之助の救けを借りて、一党を倒す。最後に二人が宿命の剣を交える。
静かな立ち会いだったが、平馬の剣の方が速く、一刀のもとに斬り捨てる。

松平家が江戸の問い合わせたため、亀之助の名を騙っていることがバレ、平馬は幕府に捕えられる。
しかし老中土井信濃守の配慮で平馬を釈放し、福姫も不行跡により松平家は姫路に追放する。
数日後、姫路に向かう平馬と福姫は、亀之助の大名行列と腰元姿で付き従う桔梗を、見送る。

 

 

 

 

 

江戸へ百七十里 1962 大映京都撮影 大映配給 市川雷蔵主演明朗時代劇

投稿ナビゲーション