2003/11/04(Tue) 23:14
監督
ジャン=リュック・ゴダール
出演
マーシャ・メリル
フィリップ・ルロワ
ベルナール・ノエル
ロジェ・レーナルト
上映時間96分
奥さんが浮気して、子供ができる。その子をどうするか、男と揉めると思ったが、さにあらず、哲学的な台詞が目立っていた。
カメラワークに関しては、日本に導入されたのがやたらと速かったため、フランス映画を見てると言うより、日本映画を見てるような気がした。
とくにベッドに横たわる女の裸を部分的に写すテクニック。
日本オリジナルのような気がする。
また主人公のつぶやきである、モノローグは、「北の国から」の吉岡秀隆と同じ感じだ。

恋人のいる時間 1964 仏

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です