Shirley Bassey – LET ME SING, I’M HAPPY
「歌わせてくれれば、私は幸せ。」
聴けば分かるように、この曲は下手な人は唄えない。。
「ゴールド・フィンガー」でおなじみ、英国の至宝シャーリー・バッシーが歌っている。
初のトーキー映画「ジャズシンガー」に主演した、黒塗り(黒人の真似をしていた)のリトアニア系ユダヤ人歌手アル・ジョルスンが、最初に歌ったとされる。
作詞・作曲はアービング・バーリン。
映画「アル・ジョルスン物語」(1946)でも主演ラリー・パークスの吹替で本人(アル・ジョルスン)が歌っている。
そのアル・ジョルスンの歌声だけ。
Let me sing and I’m happy by Al Jolson
アル・ジョルスンのお姿はこちら。

「アル・ジョルスン物語」からは、「アニバーサリー・ソング」


お次は「匕首マッキー」
Mack The Knife(1959)
有名なボビー・ダーリンの映像。いつ見ても格好良い。
この曲は、クルト・ヴァイルの名曲である。
「三文オペラ」の中で大道芸人が主役のマックを紹介するときの歌だ。
Louis Armstrong – Mack The Knife
サッチモのドイツライブから。
晩年のカラーテレビバージョンは削除されてしまった。
Ella Sings! 1965 Mack The Knife
エラ・フィッツジェラルドのバージョン。
バックはあのトミー・フラナガン・トリオ。

Let Me Sing I'm Happy〜Mac the Knife

Related posts:


投稿ナビゲーション


Let Me Sing I'm Happy〜Mac the Knife” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA