アニメスタジオ ufotable 制作の戦闘CGがあまりに美しい伝奇アニメ映画第三弾。

今回は、ついに大聖杯が現れる。

原作は奈須きのこ、監督は須藤友徳、音楽は梶原由記
声の出演は杉山紀章、下屋則子、植田佳奈ら。

あらすじ

桜と臓現は、大聖杯の器であるイリヤ(スフィール)を連行するが、士郎は言峰と協力してイリヤを奪還する。そこで士郎は闇堕ちしたバーサーカーと対決し、アーチャーの腕のリミッターを解除することで、ついにバーサーカーを撃破した。

膨大な魔力を得た桜は、大聖杯を前にして間桐臓硯に造反し真アサシンを倒す。
桜を闇落ちから救いたいライダーは士郎、凛と共同戦線を張る。そんな士郎とライダーの前に、闇落ちしたセイバーが現れる。ライダーはスピードを武器にセイバーを翻弄し、士郎に対してエクスカリバーを撃つが、体力を温存していた士郎の前に殺される。
その頃、凛は遠坂家に伝わる宝石剣べルレッチの圧倒的パワーで桜と対峙するが、ついに妹の桜を殺すことができず敗れる。姉を傷付けたことで、桜の暴走が止まる。そして士郎によって桜は闇から解放される。

そこへ悪の化身アヴェンジャー(ゾロアスター教のアンリ・マユ)を大聖杯から誕生させたい言峰が現れ、士郎と激闘を繰り広げる。しかし言峰の体力は数多くの戦いで限界を超えており、士郎の前で最後を迎える。
士郎は最後の力を振り絞って、大聖杯の起動を止めようとするが・・・。

雑感

ただ、戦っていてるだけで内容はない。しかし後半1時間近く使ったセーバーとライダーの戦いから言峰綺礼戦まで凄まじい画力で圧倒された。
個人的には、今度はufotable にラスト・エピソードである「Realta Nua」と第一部(セイバールート)を組み合わせたものを作って欲しいが、津嘉山正種が高齢だし、イリア役の門脇舞以の声がもう限界に近い。

スタッフ

原作  奈須きのこ / TYPE-MOON
監督  須藤友徳
脚本  桧山彬(ufotable)
キャラクターデザイン  須藤友徳、碇谷敦、田畑壽之
音楽  梶浦由記

キャスト

衛宮士郎  杉山紀章
間桐桜  下屋則子
遠山凛  植田佳奈
言峰綺礼  中田譲治
ライダー  浅川悠
セーバー  川澄綾子
イリアスフィール・フォン・アインツベルン  門脇舞以
真アサシン  稲田徹
間桐臓硯  津嘉山正種

ネタばれ

最後にイリヤが現れ、生命を賭して大聖杯の起動を収めた。その衝撃で士郎も死亡したが魂だけは残った。

桜は士郎の魂を保護していた。雪の降る夜、凛が依頼して蒼崎橙子が完成させた人形に、魔法ヘブンズ・フィールによって桜は士郎の魂を植え付けることに成功する。
桜は次期弓道部長になり、次の春が来て士郎や凛、藤村大河、先輩、ライダーと花見に行くと、満開の桜が咲き誇っていた。

 

 

 

Fate/ Stay Night [Heaven’s Feel] 第3章「春の歌」 2020 ufotableアニメ制作 アニプレックス配給

投稿ナビゲーション