2017年一月から三月の冬季アニメは2016年春以来の豊作だった。バラエティに富んでおり、大人向けのアニメも多かった。また音楽(アニソン、BGM)で優れたものが多かった。

2017年冬季アニメのベスト7。

1.けものフレンズヤオヨロズ
第8話が終わった時点での予想では首の皮一つの差で首位に立っていたが、終盤さらに盛り上がり2位以下に大差を付けた。CGアレルギーを治すには最適な作品。

2.「リトルウィッチアカデミア」前半(TRIGGER)
深夜に帰って来たお転婆魔女っ子アニメ。この意味がわかる人間はみな昭和生まれだろう。

3.ACCA13区監察課(マッドハウス)
渋い陰謀ドラマなのにオノナツメのタッチを活かした緩い作画が良かった。主演の下野紘も好演。

4.鬼平(スタジオM2)
文藝春秋提供の時代劇アニメ。

5.この素晴らしき世界に祝福を!2期(スタジオ・ディーン)
RPGコメディ。昭和元禄落語心中と放映時期が重なったので絵は粗いが、安定の面白さ

6.昭和元禄落語心中-助六再び編- (スタジオ・ディーン)
寄席噺第2弾。石田彰渾身の傑作。

7.セイレン (スタジオ5組、AXsiZ)
脱皮した変態ハーレムアニメ。最終話で追い込んでベスト7に食い込む。

ベストアニソン は二曲。
・「けものフレンズ」の主題歌「ようこそジャパリパークへ

・「ACCA13区監察課」の主題歌「Shadow and Truth」。

ベストキャラクターも二人。
・「ガヴリールドロップアウト」のサターニャ(CV大空直美)
・「クズの本懐」クソビッチ茜先生(CV豊崎愛生)。

以上。

2017年冬期最優秀テレビアニメ 「けものフレンズ」(ヤオヨロズ)

Related posts:


投稿ナビゲーション