今期も誰得なアニメが多く作られたが、その中でも別格だった優秀作品を紹介しよう。

 

第1位 響け!ユーフォニアム2

第1期同様にテレビドラマのような展開。特に部活全体を描いた第1期と違い、第2期はより深く個人の抱える闇にフォーカスしている。また京アニの映像美に圧倒された。ダントツの第1位である。

 

第2位 3月のライオン(前期)

これも登場人物の青春と闇を描いた羽海野チカ原作、新房昭之演出のNHKドラマと言っても過言ではない。

 

第3位 終末のイゼッタ

戦記ファンタジー。過剰な百合部分を除くと、史実に重ねている部分が多くて楽しめた。最後まで信じて良かった。

 

佳作  私がモテてどうすんだ

佳作  DAYS (後編)

佳作 バーナード嬢曰く。

佳作 舟を編む

 

音楽賞 川本三姉妹 「ニャー将棋音頭」 (3月のライオン挿入歌)

「ニャー将棋音頭」については、反響がすごかったw。

 


 

年間総括:

一般のテレビドラマと同じなのだが、登場人物の闇を描き解決を次回以降に伸ばすと視聴率が落ちる。アニメの場合、有料チャンネルの再生数などが視聴率と連動している。このことはそれだけ視聴者が幼稚になっていることを示す。テレビドラマやアニメで将来、大人が楽しむことはなくなるかもしれぬ。

 

今年のベストアニメを当該ブログでは2016年1月から12月に放送されたテレビアニメから選出した。

第1位  響け!ユーフォニアム2 (青春真っ只中の部活系、秋季)

第2位  ふらいんぐうぃっち(魔女が共存する社会の癒し系、春季)

第3位  昭和元禄落語心中 (完全に大人向けアニメ、冬季)

 

 

 

2016秋TVアニメと年間アニメを総括する

Related posts:


投稿ナビゲーション