今年の秋ドラマ、視聴率的には「ドクターX 大門未知子」の圧勝。
医者ものを作っておけば、誰もが見てくれる時代だから仕方がない。
それに続くのは法廷コメディ「リーガルハイ」で、堺雅人が「半沢直樹」と全く違うコミカルな役でも成功した。
ただ、新垣結衣は春の日曜ドラマ「空飛ぶ広報室」に続きヒット作に出演しながら相変わらず影が薄い。
二強以外はドングリの背比べだった。

その中で僕が注目したのは、椎名桔平主演の「刑事のまなざし」。
優しい少年院技官から40歳過ぎて刑事に転身した男が、少年が絡む事件を追いつめ、最後はほろりとさせるドラマだ。
水戸黄門枠にTBS月八で視聴率は一桁に終わり、第二期の放送が危ぶまれるが、
後に続くような終わり方を見ていると現場スタッフも役者は,まだファイティングスピリットを失っていない。
宣伝も全然していないし、原作小説の題名をそのまま使ったのも内容をわかりにくくしたようだ。
今後、口コミで噂が広がることを望む。

あと見ていたのは、草彅剛、北川景子主演のフジ木10「独身貴族」。
完全にビリー・ワイルダー監督、オードリー・ヘップバーン、ハンフリー・ボガード、ウィリアム・ホールデン主演のラブロマンス「麗しのサブリナ」のパクりだ。
BGMにオードリー・ヘップバーン主演映画「ティファニーで朝食を」の主題歌「ムーンリバー」やミュージカル「マイ・フェア・レディ」の曲を多用していることからもわかる。
予定調和だし、ボギーの社長役に草彅剛を充てるところが苦しかったが、何とか完走した。

それから家族のために見ているのが「海の上の診療所」。
寅さんのマドンナ映画みたいな筋でワンパターンだが、武井咲のツンデレ役がはまりそうだ。
大原麗子二世に育って欲しい。
(まだ最終回までは見ていない)

刑事のまなざし DVD-BOX 刑事のまなざし DVD-BOX
(2014/03/05)
椎名桔平、要潤 他

商品詳細を見る

2013秋ドラマ総括

Related posts:


投稿ナビゲーション