今秋のアニメは出来不出来がはっきりしていた。
ベスト3は次の通り。
1.のんのんびより
2.蒼い鋼のアルペジオ
3.WHITE ALBUM2

第一位と第二位は接戦だったが、1シーズンを通じた安定性で「のんのんびより」を選んだ。
これは、今どきめずらしいまったくエロがない健全な田舎コメディ。
舞台は村の分校、過疎化していて小学生と中学生が合同クラスで一緒に授業を受けている。
生徒は中学生の卓、小鞠、夏美の三兄妹と小学一年生のれんげの四人だけ。
そこへ東京から蛍が転校してくる。
小鞠や夏美にとって当たり前の田舎の風物が都会っ子の蛍にはいつも新鮮で衝撃的だ。w
一番の見所は、れんげの小学生離れした間の良いツッコミ。
5659e4f0.jpg

第二位の潜水艦アニメ「蒼い鋼のアルペジオ」を番組開始当初に推す声は多くなかった。
少数派だったアルペジオ・ファンの大部分は原作マンガを読んで、筋書きを知っていた連中だけだろう。
かくいう私もその一人だが、軍艦のインターフェースを女性として描くところが目新しかった。
しかしまさか途中から原作からあんなに逸脱するとは思わなかった。
オリジナルシナリオなのに、原作よりもずっと面白くなった。
3DCGアニメと言うことで避けていた軍事オタクも噂を聞いて、どんどん視聴者も増えていったようだ。
最終話の一回前の回ではニコ生の支持率は「のんのんびより」を上回るほどだった。
61e861207a545cfb95436016ef31d9bfa85476531381192825.jpg

第三位は三角関係のドロドロを描いた「WHITE ALBUM2」。
高校生の春希を学校一のアイドルと不良ピアニストが取り合うお話。
アイドルは中学時代のトラウマで実はヤンデレ気味、一方ピアニストはツンデレだが秘かに春希のことを愛している。
二人の間で態度を決めない男の方が情けないが、それを待つ女たちの切なさが伝わってきて、見ている側は胃が痛くなった。
健全な高校生に見せられるような話ではない。
アニメもようやく韓流ドラマに追いついたと言えよう。
これだけの作品が三位に終わったのは、作画が雑だったためだ。
images.jpg

ほかには定番の京アニ作品「境界の彼方」、PA.Works作品の「凪のあすから」、JC.Staff作品「リトルバスターズRefrain」が放送された。
「境界」「リトバス」は脚本に工夫がなく、「凪」はキャラデザがイマイチだった。
それよりも夏から引き続き放送されている西尾維新原作「物語シリーズ・セカンドシーズン」が、相変わらずスタイリッシュな映像美を追求していて、異色を放っていた。

のんのんびより 第1巻【イベントチケット優先販売申込券付き】 [Blu-ray] のんのんびより 第1巻【イベントチケット優先販売申込券付き】 [Blu-ray]
(2013/12/25)
小岩井ことり、村川梨衣 他

商品詳細を見る

2013年秋アニメ総括

投稿ナビゲーション