スズカデヴィアスが果敢に逃げメイショウカドマツが二番手、三番手集団がラブリーデイ、フーラブライド、カレンミロティックという流れ。
はじめの1000mは60秒。10頭立ての少頭数にしてはやや速い。
ゴールドシップはその後ろで前を行く五頭を見ている。デニムアンドルビーは内からゴルシをマーク。

ゴルシは向正面からじわっと進出し好位に取り付く。三角で三番手の外で一旦ためる。
一瞬遅れた形でデニムも進出開始。
後方待機策のラストインパクトもようやく動き出す。

そのまま直線に入りゴルシが先頭に立ち、外からデニムとラストが差を詰める。
残り200でゴールドシップがもう一伸びして勝負あった。見事阪神大賞典三連覇。

いつものゴルシの競馬だ。しかし阪神コースしか走らなくなっている。次は宝塚記念三連覇を目指すか。

二着は七番人気デニムアンドルビーが牝馬ながら大健闘。三着は追い込んだが届かなかったラストインパクト。

阪神大賞典 2015 ゴールドシップ

投稿ナビゲーション