股旅ものというより、拠り所をなくした若者のロードムービー。
萩原健一が出演しているが、主演は小倉一郎である。
谷川俊太郎が脚本を担当。
ダメ渡世人の三人は街道の親分衆を頼って、一宿一飯の恩義を受ける毎日。
いざ出入りとなると、腰が引けてしまう。
源太は渡世の義理で実の父親を討たなければならなくなった。
しかし、百姓の女房お汲と懇ろになり、逃げる約束をしてしまう。
市川崑はプロダクトムービーばかり撮る人だと思っていたが、こんな作品も撮っていた。
「真夜中のカーボーイ」のような救いのない作品である。
テレビ「木枯し紋次郎」の演出で実験していたらしい。
しかし三年後、金田一耕助シリーズを開始する。
監督 市川崑
脚本 谷川俊太郎 、市川崑
撮影 小林節雄
出演
小倉一郎 (源太)
尾藤イサオ (信太)
萩原健一 (黙太郎)
井上れい子(お汲)
大宮敏充 (源太の父安吉)

股旅 1973 ATG

Related posts:


投稿ナビゲーション