1967年に東宝で「日本でいちばん長い日」を監督した岡本喜八監督が本当に作りたかった反戦映画。ほとんど自費製作である。

主役は文学座演劇研究所第一期生で当時売り出し中の寺田農。この演技で毎日映画コンクール主演男優賞獲得。

ヒロインの大谷直子は当時十八歳。台詞も辿々しいデビュー作なのに、体当たり演技を見せてくれる。

あらすじ

昭和二十年の夏、本土の兵学校。学徒出陣で応召した訓練生の「あいつ」(寺田農)は乾パンを盗み食いした罰として一日中全裸にされたが、それでも盗み食いは止められない。それぐらいお腹が空いていたのだ。そして八月六日、広島に原爆が投下され、「あいつ」は特攻隊員になった。

「あいつ」は特攻前の外出を許され、知的欲求には勝てず書店に立ち寄ったが、そこで店主老夫婦(笠智衆、北林谷栄)の純愛を知る。そして「あいつ」は人肌が恋しくなって初めて女郎屋を訪れた。因数分解の問題を解くおさげの少女(大谷直子)が応対して「あいつ」はときめいた。だが「あいつ」を床に引きずり込んだのは、前掛けをして太った中年女(春川ますみ)だった。少女はその女郎屋の主人だったのだ。ショックを受けた「あいつ」は店を飛び出した。雨が降っていて兵学校に帰ろうとしたが、再び因数分解の少女と出会う。インテリらしく、彼女に因数分解を教えてあげた。中年女だけでは「あいつ」の若い精力は尽きていなかったらしい。雨宿りをした小屋でついに二人は一つに結ばれた。

「あいつ」が命を賭けて守るべき少女ができた翌日には、地雷を一個渡され海岸に派遣された。敵軍が上陸するのに合わせて、自爆するためだ。しかし街は激しい空襲を受けて、おさげの少女や書店の夫婦は死んでしまった。

日本軍の指揮系統はおかしくなり、「あいつ」は魚雷を一本託されて、ドラム缶を漕いで海上で敵船を待機した。ある朝、「あいつ」は船を発見し、魚雷を発射したが、当たらなかった。実はその船は東京から来たし尿処理船だった。そこで終戦の事実を聞かされ、「あいつ」は愚かな軍に怒りを爆発させた。

それから23年経ち、海水浴客で賑わう海に古いドラム缶が一つ浮いていた。その中で「あいつ」は怒ったまま白骨化していた。

 

雑感

至る所に喜八節が見られて、懐かしい作品。上映後、50年経ってしまうと、さすがに少し古さを感ずる。

寺田農は最近役柄がほぼ固定してしまったが、デビュー当時は出演作の度に役作りを変えるため、その度に顔が変わって見えた。だから誰だかいつまでも覚えられなかった。

それと比べて大谷直子は今も変わらぬ鮮烈な印象を残した。この映画を戦争末期の青春を描いた傑作にしたのは、大谷の捨て身の演技があったからだと思う。

スタッフ

監督・脚本 岡本喜八
製作 馬場和夫
撮影 村井博
音楽 佐藤勝

配役

あいつ 寺田農
少女 大谷直子
区隊長 田中邦衛
書店の老夫婦 笠智衆、北林谷栄
前掛のおばさん 春川ますみ
軍曹 小沢昭一
少年・兄 頭師佳孝
少年・弟 雷門ケン坊
船長 伊藤雄之助

 

肉弾 1968 ATG制作・配給 – 岡本喜八監督の戦争体験をもとに制作した反戦映画!

投稿ナビゲーション