大映ビスタビジョンで描くアクション映画。
派手だが、少しべったりした画像だ。

北国のダム工事現場へ若い牧師が赴任する。彼は柔道五段の腕前だった。牧師は早速子供たちに野球を教え、山田組の飯場頭を投げ飛ばし親分と崇められる。
そんなある日、第一次工事が完工し第二次工事が発表された。山田組ではなく大館組が単独で担当することが決まった。裏では工事事務所長との間で贈収賄が行われていた。
糸を引いていたのは、牧師と顔見知りの田代という男だった。

角梨絵子って昔は人気があったんだなあ。知らなかった。
すでに実績を上げていた山本富士子を脇に押しやって、角が完全にヒロインだ。

監督 田中重雄
脚本 小国英雄
製作 永田雅一
撮影 渡辺公夫
音楽 古関裕而

出演
菅原謙二 (種ヶ島権兵衛)
東山千栄子
角梨枝子
山本富士子
志村喬
見明凡太朗
佐々木孝丸
高松英郎 (田代)
村田知英子

真昼の対決 1957 大映

Related posts:


投稿ナビゲーション