大林宣彦監督の尾道三部作(1982年から1985年)と新尾道三部作(1991年から1999年)の間の期間に撮った作品。

山田太一の原作は第1回山本周五郎賞を受賞しており、その上脚本に市川森一を起用して、大林の演出はどこか新作落語の怪談噺を思わせる。

 

あらすじ

 

原田英雄(風間杜夫)は中年の売れっ子脚本家である。最近妻と別れ、都心のマンションに一人で越してきた。そのマンションは事務所中心で、夜になると他に住人が一人暮らすだけである。ある夜、その住人である女性が訪ねてくる。彼のファンらしかったが、機嫌が悪かった英雄は邪険に扱い追い返す。

その日以来英雄の身の回りで不思議なことが起きる。英雄がかつて暮らしていた浅草に出かけ、死んだはずの両親に出会ってしまった。なぜか交通事故で亡くなった時の姿のままだった。英雄は嬉しくなって、両親の家へ通い御馳走になるようになった。

またマンション住人の桂(名取裕子)とも再び出会い、速攻で結ばれる。何度会ううちに彼女は英雄の様子がおかしい、目の下にクマができていると言うのだ。そして幽霊(異人)である両親とは会わない方が良いとも言う。死の世界に近づくと、体が衰弱してしまう。

英雄は親子ですき焼き屋に行き涙ながらに別れを告げると、二人は微笑みながら消えてしまった。

英雄の仕事仲間であり友人である間宮(永島敏行)も英雄の異変には気付いていた。英雄のマンションに行き管理人に話を聞くと、桂は原田に追い返された晩に胸を搔ききって自殺したと言う。慌てて桂の部屋に行くと、白髪の老人になった英雄が亡霊を抱いていたが、あわやの所で間宮に助けられた。

 

 

雑感

 

見事な原作山田太一、脚本市川森一、演出大林宣彦のコラボレーションだ。まさに落語のような作品だ。大林監督は青春ものの巨匠だと思うが、レトロ感が漂うこの作品は名作だと思う。

父親役片岡鶴太郎は当時テレビドラマ「男女七人夏物語」や「季節外れの海岸物語」等で活躍していたが、この映画の出演で演技力を評価されたと思う。

秋吉久美子は母親役だが、かなり色っぽい。当時はセクシー路線でヌードも辞さずだった名取裕子も形無しだった。

 

スタッフ

 

監督 大林宣彦
製作 杉崎重美
原作 山田太一
脚色 市川森一
撮影 阪本善尚
音楽 篠崎正嗣

 

 

 

配役

 

原田英雄 風間杜夫
英雄の父 片岡鶴太郎
英雄の母 秋吉久美子
間宮 永島敏行
藤野桂 名取裕子
原田重樹 林泰文
管理人 奥村公延

 

 

 

異人たちの夏 1988 松竹 – 大林宣彦の人情味溢れる怪談噺 –

投稿ナビゲーション