言わずと知れた現代音楽的なプログレの名盤である。
クラシックやジャズの要素をふんだんに取り込んでいる。

マルチチャンネル再生してみて、時計が四方八方から鳴り出すのを聞いて見たいと思っていたが、実際に聞くと大したことではなかった。
エレキギターアナログ多重録音なのに、多少キンキンする。オリジナルテープはよほど音が良いのか。それとも歪みが酷いのかな。

またロック系のマルチ再生は5.1ch必要か?昔のマトリックスサラウンドの4.1chで十分ではないか。
五方向から音が出ている必要はないし、5.1chのいびつな五角形である必要はないと思う。
映画に合わせるために、そうなってるんだけど、音楽を楽しむためにはスピーカーが一個無駄だと思う。

ピンクフロイド「狂気」 SACD 5.1ch

Related posts:


投稿ナビゲーション