新撰組隊員で勤皇派に対するスパイとして活躍した山崎蒸(すすむ)の武勇伝。子母沢寛の原作。

浪人山崎蒸は近藤勇に惚れ込み壬生新撰組に入る。当時の局長は芹沢鴨だったが、粗暴な振る舞いが目につくため、土方歳三は芹沢の寝込みを襲いこれを斬る。局長には近藤、副長に土方が昇格するが、山崎は土方のやり方に批判的であった。土方の罠にはまった山崎は役人を斬ってしまい、土方は切腹を主張するが近藤は山崎を逃がして勤皇派の動向を探らせる。長州を中心とする勤皇派がクーデターを起こすという情報が入り、土方は勤皇派の黒幕を捕縛して厳しい拷問の末、四国屋へ集結することを聞き出す。しかし山崎は池田屋が怪しいと別の情報筋から聞き出す。近藤は組を二手に分けそれぞれへ向かわせるが・・・

マイナーな人物にフォーカスを当てている時代劇だが、1963年にもなると新撰組も少しネタ切れかな。スターは雷蔵だけ、あとは新東宝から62年移籍してきた若山富三郎、天知茂、ヒロインは当時二年目の藤村志保。少しさびしい。

監督:三隅研二

原作:子母沢寛

出演:

市川雷蔵(山崎)
若山富三郎(近藤)
天知茂(土方)

田崎潤(芹沢)

藤村志保

新撰組始末記 1963 大映

Related posts:


投稿ナビゲーション