原作よりもアニメ準拠みたいなスイス・ドイツ合作映画「ハイジ アルプスの物語」(2015年制作) が2017年8月26日に日本公開されることが決まった。さらに日本語吹き替え版も同時に上映され、吹き替え声優が決まった。
実写映画だがもともとアニメで見た人が多いことから、アニメ声優を中心に配役されたようだ。

 

配役 ( )内は俳優
ハイジ (アヌーク・シュテフェン) 花澤香菜
クララ (イザベル・オットマン) 早見沙織
おじいさん (ブルーノ・ガンツ) 茶風林
ロッテンマイヤー 本田貴子
ペーター 笹島かほる
吹き替え演出 千葉繁

上の日本語吹き替え版予告編に唯一出てこないのがおんじいの声。茶風林がそのおんじを演じるのは違和感がw。なにしろ目暮警部や波平さんが、ヒットラーのキレ芸で有名なブルーノ・ガンツ(ベルリン天使の詩、ヒトラー最期の12日間) の演ずる人嫌いのおんじを演じられるか。
名声優千葉繁の演出に注目だ。

 

 

因みにハイジの初映画化は1937年シャーリー・テンプルによるアメリカ映画。その3年後には宝塚で舞台化。ロッテンマイヤーは後に名女優になった初音礼子、クララの叔母さんに原爆投下で亡くなった園井恵子という配役だった。