新東宝大蔵貢社長が映画「憲兵とバラバラ死美人が当たったのに味をしめて、同様のメンバーで作った憲兵シリーズ。
中川信夫監督は戦争の非人間性を訴える作品にしたかったらしいが大倉貢プロデューサーはエログロや恐怖物の方が儲かると思っているので、制作演出に口を挟んで作品を中途半端で全く怖くない幽霊スリラーにしてしまったw。

ただし出演者は安いギャラで集めたのだが、今から見れば豪華メンバーが揃った。
とくに主演の天知茂は別格だ。本人は明智小五郎のような二枚目がやりたかったようだが、悪役こそが彼の本分だと思う。でもいつの間にか自分も天知茂の死んだ歳になってしまった。

監督: 中川信夫
製作: 大蔵貢
企画: 津田勝二
脚本: 石川義寛
撮影: 西本正

あらすじ:
昭和16年秋、憲兵隊田沢伍長の結婚式が行われた。その様子を離れて見ている男が二人いる。波島中尉高橋軍曹だ。実は波島中尉は中国のスパイで情報を流していた。

いよいよ開戦、波島と高橋はスパイの罪を田沢伍長になすりつけ死刑にする。さらに田沢の母を国賊の母として自殺に追い込み、明子を好きなだけ凌辱する。しかし田島伍長の弟は兄の恨みを晴らすために憲兵に志願する。
戦局は悪化して波島は漢口(武漢)の憲兵部隊に派遣されることになり、酔って何を喋るかわからない高橋軍曹を内地に残しておくわけにいかず、殺害しバラバラにしてトランクに詰め中国へ向かう船から海に捨てた

漢口では敵の大物スパイ張の逮捕命令が出るが、張に秘密を握られていた波島は、張に替え玉を仕立てるように暗号連絡する。替え玉にされた男は捕まり罠だと主張するが、波島は無視しようとする。ところが同じ部隊に所属していた田沢弟は異を唱えて、男が別人であることの証人を探し出す。それは義姉明子だった。義姉明子から男が張ではないこと、波島が夫の仇かもしれないことを聞き出したために、憲兵隊上層部の波島な対する評価が大きく変わる。高橋軍曹の遺体が日本に流れ着いたため、内偵調査が入っていたのだ。

配役
波島中尉: 天知茂 (明智小五郎シリーズで一世を風靡)
田沢伍長・田沢二等兵(二役): 中山昭二 (ウルトラセブンでウルトラ警備隊隊長に就任)
高橋軍曹:三村俊夫(のちに村上不二夫と改名して名脇役、レポーターとなる)
田沢明子: 久保菜穂子 (新東宝時代はスターであり歌手として大活躍。倒産後は東映にしばらく所属し、その後フリーに)
紅蘭: 三原葉子 (ナイスバデーで新東宝で活躍)
踊り子: 万里昌代 (後に大映でスターになる)
歌手: 胡美芳 (この人は和歌山生まれ、中国共産党から逃れて日本に帰って来て歌手となり「夜来香」、「蘇州夜曲」などをカバーしてヒットする)

 

憲兵と幽霊 1958 新東宝

投稿ナビゲーション