全般的にリズム感は良かったし、第三楽章はじっくり。昨年より演奏自体は上手かったと思う。
しかし、何故かその演奏に乗れない。誰かがネットで最終日の演奏について、どこへ行こうとしているか、わかりにくい演奏だと言っていた。そうかも知れない。

 

指揮者アンドリュー・リットンはアメリカ人で、ダラス響やノルウェーのベルゲン・フィル(グリークが音楽監督だった事がある)で活躍。レコーディングの量が非常に多い。
実物は赤福ならぬ赤鬼メタボ兄ちゃんだった。そろそろダイエットした方が良いのではないか。
アメリカ人らしいメリハリのある指揮だった。

 

ソリストはテノールが良かった。
オーボエのきれいなお姉さんは今日も肺活量が足りないのか、血圧を上げていた。

恒例の年末ベートーベン第九演奏会 指揮アンドリュー・リットン(2007)NHK

投稿ナビゲーション


恒例の年末ベートーベン第九演奏会 指揮アンドリュー・リットン(2007)NHK” への0件のフィードバック

  1. ヤフーオークション!100円の商品で月30万円の利益を上げる方法

    正直な話
    あなたはネットで稼げていますか?
    オークションで収入を得るには
    案外、根気と労力が必要です。
    その割には利益が少なく、徒労に終始します。
    この方法は、商品の価格の部分でなく
    勝負しています。
    実は、限られたオークション業者はこの方法を実践しているようです。
    この秘密をあなたは知りたくありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA