実物は「美人」歌手なのだが、誰もそういってくれない。
デビューした頃だが、大阪の放送局でDJのアシスタントをしていたと思う。
小生意気な関東アクセントを使って話すのが、鼻についた。
実際は大阪人で、大阪の高校を出ている。
 

78年になって「飛んでイスタンブール」がヒットした。
最近のライブ映像。ギター一本の伴奏。3分54秒から演奏は始まる。
飛んでイスタンブール in KL 07/10/2007
このアレンジは気に入らない。
庄野真代  飛んでイスタンブール
なおWikpediaiには「飛んでイスタンブール」が3枚目のシングルと出ているが、本人のHPによると「ジョーの肖像」から始まり、5枚目である。
庄野真代のWebあとりえ
 

79年の隠れ名曲が「アデュー」(中森明菜がカバーした。)である。

庄野真代 / アデュー~Adieu~ 投稿者 jrapaka3
 

法政大学に入ったり、早稲田の大学院にはいったり、相変わらずご多忙な、昭和29年生まれ(安倍晋三と同じ歳)です。
まずゴールデンベストから入って、近年の活動も聞きたければ、「庄野真代と浜田山〜ず」を聞いてください。

庄野真代 アデュー 1979

投稿ナビゲーション


庄野真代 アデュー 1979” への2件のフィードバック

  1. 「飛んでイスタンブール」〜庄野真代

    「飛んでイスタンブール」〜庄野真代 最高7位(ベストテン内5週ランクイン)
    1978/08/03     9位
    1978/08/10     9位
    1978/08/17     7位
    1978/08/24     7位
    1978/08/31    10位
    庄野真代さんの大ヒット曲「飛んでイスタンブール」
    1978年8月3……

  2. 同じ時期に(東京ララバイ)もヒットしていたよ。どちらも好きでした。中原理恵か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA