監督 佐藤信介

配役 岡田准一 榮倉奈々

編集版で大幅に換骨奪胎され大切な場面も改変されていた。あらすじはわかったが、戦争並みのアクションシーンが多すぎて忙しかった。

ラノベは読んでないが、マンガ既読派だ。

その立場で言うと、映画は肝心のラブコメ部分が大きく圧縮されている感じがあった。

また栗山千明は役柄に少し合わないと思う。

 

図書館戦争 東宝 2013

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA