専業主婦がふとラジオに生活の愚痴を漏らしたら、女性DJは家出を囃し立てた。その気になった主婦は夫に言わずに思い出の竜宮温泉に一人向かう。しかしそこには昔の賑わいはなかった。主婦は昔の卓球場を見つけ延々とラリーを続けるだけの卓球を楽しむ。昔はこんな温泉卓球も流行ったのだという。それにヒントを得た宿の若旦那たちは卓球で特色を出して温泉復興を目指す。主婦も家庭を放り出して温泉卓球復興に一役買う。

 

卓球で過疎化した温泉を復興させる話は十分ありそうなので、興味を持った。

タイトルほど映画はインパクトがなかったが、最期の卓球大会まできれいにまとまっていた。

配役では、下手だけど牧瀬里穂の共演が嬉しかったし、久々の久保明も良かった。

 

監督 山川元
脚本 山川元

配役

松坂慶子
牧瀬里穂
山中聡
蟹江敬三
戸田昌宏
桜井センリ
ベンガル
上田耕一
広岡由里子
左右田一平
久保明
菅原大吉
大杉漣
六平直政

卓球温泉 1998 日テレ他

Related posts:


投稿ナビゲーション