サンテレビの水野さんの映画番組で放送していた。
2時間ちょっとの映画を1時間半程度に切り刻んでいる。
それでもおいしいところは、ばっちり入ってた。
監督原作 スチーブン・クローヴス
出演 メグ・ライアン、デニス・クエイド、
ジェームス・カーン、グウィネス・パルトロウ
「めぐりあえたら」と同年にアメリカで公開された作品だ。
日本とドイツでは、劇場未公開に終わった。
メグが汚れ役をやっていたが、男性から見て、魅力的で可愛らしいと思った。
当時は彼女の女性ファンが多かったから、公開されなかったのか。
途中、ベッドシーンも夫婦{当時)でやってるので、真実味がある。
デニス・クエイドは大した事がない。
いや、ベッドシーンじゃなくて、演技全般が。
彼はメグと別れてからの方がカッコよくなった。
この人は、もっと悪役をやればいいと思う。
もう一人のヒロイン・グウィネス・パルトロウだが、まだ駆け出しの頃。
当時スレンダーな魅力でメグは売っていたが、そのポジションを数年後にグウィネスが奪ってしまう。

フレッシュ・アンド・ボーン 1993 Paramount

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA