Light My Fire – Amii Stewart & Jose Feliciano duet(2002)
ドアーズ「ハートに火をつけて」(1967)を、1968年に盲人ホセ・フェリシアーノはアコースティックギター一本でリバイバルヒットさせた。長谷川きよしみたいなものだ。
1968年の映像は音声もがたがた。
Jos・Feliciano: Light My Fire (1968)
で、お待たせしました。本家ドアーズです。


次はサザンロックの旗手CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)。

The Creedence Clearwater Revival – Who’ll Stop The Rain 1970

ジョン・フォガティって全然年を取らないなあ。
ウッドストックで雨に降られたことを歌っている。
次は「プラウド・メアリー」(1967)。
ティナ・ターナーもカバーしている名曲中の名曲。

1987年にライブ演奏しているSusieQ(1968)。

Creedence clearwater revival – Suzie Q


「世界は愛を求めている」。
what the world needs now is love
バート・バカラックの歌だが、ジャッキー・デシャノンが歌ってヒット。
オーウェンとムゼーの静止画に付けられていてびっくりした。
Austin Powers featuring: Burt Bacharach
バート・バカラックご本人の歌。
またご本人による「アルフィー」。
burt bacharach “alfie”.
でもやっぱり下手(笑)
バート・バカラック特集最後は、ダイアナ・クラールによる「恋の面影」
Diana Krall – The Look of Love
個人的にはセルジオ・メンデスの方が好きなのだが、音がよかったのでこっちにしました。

ハートに火をつけて〜プラウド・メアリー〜恋の面影

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA