ドラクエ最新作XIの発売を約二ヶ月後に控え、5月27日まず大阪あべのキューズモールB1Fサークルプラザを皮切りに全国五都市を巡ってイベントが繰り広げられる。
ということは大きな問題が発生しない限り、予定通り発売されるということかな。と言ってもやはり大きなバグが見つかり年末発売に切り替わるかもしれない。生暖かく見守っておこう。

 

 

当のイベントでは、さばくちほーのボスキャラ(スナネコではない)を倒すシーンを見せてくれたり、縛りプレイ(SMのことではない)のことを教えてくれたりと大サービスだった。

 

しかし番組の「とても良かった率」は71%と低かった。これはドラクエXI(PS4版)の評価と見るべきだろう。目立った批判は「バトルシステムが古臭い」派と逆に「バトルで主人公だけ動かすな」派の二つに真っ向から分かれた。

 

 

前者の意見は的外れである。新しくなったらドラクエではない。ドラクエは永遠に不滅なのだw。ネトゲのドラクエXは、ドラクエという名を付しているが、あくまで別物なのだ。
かと言って後者もどうでもいい意見だ。プレイヤーが主人公を動かさなければ良い。もしハードウェアの能力が上がったために生じた余剰によるおまけならば、許されるべきだ。

 

 

では何故自分はPS4を選んだかというと、3DSでは小さくて見えにくいのである。ドラクエをIからプレーしている自分は、すでに遠視も近視も酷くなって、もうドット絵や小さな画面が厳しいのである。
31年と長い歴史を持つゲームのため、自分のような人は多いと思われる。あるいはこれを機にPS4を買って最新のゲーム事情に触れたいという中年の方もいるだろう。

 

 

 

ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル in 大阪 5.27

Related posts:


投稿ナビゲーション