テンシュテットロイヤルアルバートホールでの85年第九ライブを聴いた。タンノイでなってるのかと勘違いした。それぐらい、深く柔らかい音だ。さすがBBCの録音。
演奏はとくに偶数楽章が速い。第四楽章は歓喜の歌で少しためが入ったが、その後も快速で最後まで突っ走る。金管も打楽器も本来なら少しうるさいのだろうが、この録音ではあまり輝かしく感じない。
ソロはまあまあ。合唱は巧い。
ライブ盤としては出色の出来。フルトヴェングラーのライブと比べるのは無理だが、一枚ぐらいこういうのがあっても良いんじゃないか。
あまり実体感の感じられない録音だが、その場の雰囲気は感じる。
(再掲示)

テンシュテット ベートーベン交響曲第九番合唱付き 1985 BBCライブ

Related posts:


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA