小雨がしとしと降っているが良馬場をキープ。外目がやや有利である。
モーリスは戸崎騎乗の重賞一番人気と言う点が怖くて買えなかったが、対抗クラリティシチーが後方中から動いた後からじっくり動き始め直線で外から差しきってしまった。
勝時計は1分32秒2.
上がり33秒0で最後はクラリティシチーに3馬身半差を付けた。1キロ斤量が軽かったとは言え、最後は強かった。
これならマイルや千八のG2はいつでも勝てる。府中で実績が無いからG1ではどうだろうか。

負けたクラリティシチーは相手が悪かった。オープンを一勝しただけで少し背負わされすぎた。
三着は道中でクラリティシチーの前に付けていたインパルスヒーロー。
四着は最後方から進出したエキストラエンドだった。

ダービー卿CT 2015 モーリス

投稿ナビゲーション