主演映画「愛は限りなく」(1966,五作品目)のクライマックスで、自ら歌って愛を告白するシーン。
Dio Come Te amo
ジリオラ・チンクェッティは16歳の時、「夢見る想い」(1964)を歌って、サンレモ音楽祭とユーロビジョン・ソングコンテストをダブル制覇する。
Gigliola Cinquetti – Non ho l’eta(ユーロビジョンの映像)
その時点で既に、現在の伊アイドル、ラウラ・パウジーニも真っ青のヨーロッパ級アイドルだったのだ。
その二年後に、この映画が上映された。
水準の高いイタリア映画としては、お世辞にも良い作品とは言えない。
我が国が誇る、若大将シリーズなど東宝アイドル映画のノウハウを提供してあげたかった。
1969年には「雨」(「雨にぬれながら〜」の三善英史ではない。)が日本でも大ヒットする。
サンレモ音楽祭での映像。
La Pioggia
三年の間にずいぶん美人になってしまった(笑)
日本では江見早苗がカバーしてた。
ジリオラの推奨CD
ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ

こっちはフランス・ギャルの歌う「雨」。
France Gall – La Pioggia (San Remo)
ちゃんと練習したのか?(笑)見事にペアを組んだジリオラの足を引っ張っている。
(当時サンレモ音楽祭は曲の対抗戦であり、一曲を二人が歌うダブルキャスト方式をとった。)
彼女の名誉のために言うが、このときは上がっていたのだろう。
他の映像ではちゃんと歌っている。
次のギャルの「雨」伊語バージョンは、ワールドアイドルお宅の心をくすぐる。
France Gall – La Pioggia (TV)
関係ないがラウラ・パウジーニの作品は英語よりイタリア語の方がはるかに良い。
Laura Pausini – Se Fue

ジリオラ・チンクェッティ(イタリアの女性アイドル歌手)

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA