ラブリーデイは府中2400を勝ちきるほど強くなかった。過去にJCを勝ったウォッカ、ジェンティルドンナと比べるとG1二勝目のショウナンパンドラは一枚下だ。

カレンミロティックとアドマイヤデウスが玉砕逃げだが、三番手以降は折り合い思った通り平均よりややスローな展開。

好位付けしたラブリーデイは直線を向いて途中で先頭に立つが、内に潜んでいたラストインパクトが襲いかかり差すというところで、G前ラブリーデイの後ろから外に出したショウナンパンドラが一気にまとめて差しきった。

ラブリーデイ(父キングカメハメハ)にとっては府中の2400Mも決して得意だったわけではなく、天皇賞秋はスローでラッキーだった。まだ有馬記念の方が見込はある。

ラストインパクトはラブリーデイとの直接対決で圧勝していたが、今回も最期の一押しで二着を守った。完全に相手を飲んでいるようだ。

古馬マイル路線はモーリスが天下を取ったが、ジェンテイルドンナ引退後の古馬中距離戦線は未だ差が付かず。

ゴールドシップは終わった感が漂うが、今年の中距離戦線の不調を考えると、オグリキャップのこともあるしラストは武豊を乗せてやれば良いのでは。案外腕っ節で乗るタイプより馬に任せて乗る騎手の方が合っているんじゃないか?

準オープン勝ち上がりのジャングルクルーズは後方待機策から良く四着に追い込んだ。

外国馬は最高がイラプトの6着。今年はやや時計の掛かる馬場だったが、やはり不作だった。

狙いはラブリーデイとトリップトゥパリスの3連複2軸だったが、粉砕。

 

 

ジャパンカップ 2015 ショウナンパンドラ

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA