文庫本の最終巻。
単行本では68巻に対応する。
1974年2月21日に休載している。
最後は、山本有三の死が話題。
美田を残さず、ではなく、美田を残せず、と言う落ちだ。
キャラは眼がずいぶん丸くなって、一時期ほどグラマーではなくなった。
「町子かぶき迷作」を併載。
ずいぶん昔の作品だ。
しかし長谷川町子の写真を見る限り、マスコミ嫌いだったことが信じられない。
結構、ポーズが様になっている。