ジャズ・フュージョン・ボーカル界の第一人者アル・ジャロウが亡くなった。享年76歳だった。
この人の略歴をあらためて見たことがなかった。大学卒でカウンセラーをしていたから、遅咲きだったようだ。1975年に35歳でレコードデビューしていた。てっきり60年代から第一線で働いていると思った。
したがってジャズからフュージョン/AORへの時代の変化に乗りやすかったものと思われる。

一番好きなのは、1990年ライブ・アンダー・ザ・スカイ(よみうりランド)で歌ったチック・コリア作曲の「スペイン」。スキャットをあまり使ってない正当な歌唱法のうえ、バックがジョー・サンプル(pf)、スティーブ・ガッド(dr)というすごいメンツだ。

国内で最も有名なのは「Moonlighting」かもしれない。1986年からNHKで放送された「こちらブルームーン探偵社」の主題歌だから。主演はすでに大スターだったシビル・シェパード(ラストショー、タクシードライバー)とブルース・ウィルス。ウィルスはこの番組の成功で大スターの道を歩む。

ジャズ歌手第一人者アル・ジャロウさん亡くなる(享年76歳)

Related posts:


投稿ナビゲーション