競技かるたへの高校生の熱い思いが描いた、末次由紀の漫画を小泉徳宏監督が主演広瀬すずで映画化した。
全体は三部作になっていてその第一部。新田真剣佑野村周平が共演。

なおアニメの方が先に映像化された。第二期まで放送されていて大ヒットしている。

 

あらすじ

原作で言うと、瑞沢高校入学時から一年生での全国大会進出まで。

カルタ馬鹿の千早(広瀬すず)は高校進学と同時に陸上部を止めて、かるた部創設に動き出した。小学校で同級生だった太一(野村周一)、ライバルだった西田に初心者の大江(上白石萌音)、駒野を加えて、部活動として承認をもらい、活動を始める。しかし初心者はそれぞれに拘りがあり、なかなか上手く行かない。そこで、ちはやの通っていたカルタ会の原田先生(國村準)に指導を受けて、チームとしての体裁を整える。大江は古文の知識、駒野はIT技術を持っていて、徐々に戦力に育っていった。

そして迎えた高校かるた選手権団体戦の東京都予選で順調に勝ち進み、決勝で優勝候補の北央高校と当たる。
実は準決勝で西田が駒野を捨て駒に使ったため、駒野はやる気を失いかけていた。そのため、チームの雰囲気も決勝前に悪くなっていった。決勝でも北央高校のチームワークと個人の力量の前に、序盤戦で瑞沢は圧倒される。しかし千早が一枚札を取って、流れは変わった。駒野も釣られて札が取れるようになり、2-2で迎えた太一とひょろ君の運命戦は、ひょろくんのお手つきであっけない終わりを告げ、瑞沢が初出場にして初の全国大会進出を果たす。

 

 

雑感

漫画あるいはアニメであらすじは有名だろうから、映画での重要な相違点を上げる。

原作やアニメで最初に描かれていた、千早と太一、新の小学校での思い出は途中で太一のトラウマとして描かれただけだった。

それから原作で西田が肉まん君と言われるほど太っていたのに、高校に上がるとスマートになっていた。おかげで北央高校戦での回転レシーブ姿の迫力が欠けたw。

さらに新(新田真剣佑)がかるたを止めたのは原作では中学のときだが、映画では全国大会の前だった。

たとえば一年生のエピソードを前後編に分ける場合、東京予選で北央高校に勝ったところで前編が終わると、後編を見ずに満足してしまう。

だから新がかるたを止めたところで「後編に続く」とすれば、観客は見に来てくれると考えたのだろう。

でもこの作品は太一と千早の物語なのだろうから、新がかるたを止めたってクリフハンガーになっていないんだが・・・。

前編だけ見た感想は、原作と比べて盛り上がりが足りない。

後編は前編上映の一か月後に上映されたそうで、前編と同時製作したようだがすっかり化けてしまった。

スタッフ

監督 小泉徳宏
プロデューサー 巣立恭平
原作 末次由紀
脚本 小泉徳宏
撮影 柳田裕男
音楽 横山克
主題曲/主題歌 Perfume

 

配役

綾瀬千早  広瀬すず
真島太一  野村周平
綿谷新  新田真剣佑
大江奏  上白石萌音 (アニメ映画「君の名は。」の前の作品
西田  矢本悠馬
駒野  森永悠希
宮内  松田美由紀
原田  國村隼

 

 

 

ちはやふる 上の句 2016 日本テレビ・東宝 – 人気かるた漫画の実写化第一弾

投稿ナビゲーション